札束

カードが利用停止になるリスク

クレジットカード現金化を行った事がクレジットカード会社にバレてしまうと、クレジットカードは利用停止になってしまいます。
それはクレジットカード会社の禁止事項に背いたからですが、ではなぜクレジットカード会社は禁止事項として設けているのでしょうか?

なぜ禁止事項になっているのか?

クレジットカード会社は基本的にどんどんクレジットカードを利用して欲しいはずです。
なぜかというと、利用される事でクレジットカード会社に利益が発生するためです。
それならクレジットカード現金化が行われても、クレジットカード会社は利益こそ出て損失になる事はないのでは?
なのになぜそんなに厳しく取り締まるの?と不思議に思いますよね。

その理由は所有権の問題に触れるためです。
私達がクレジットカードのショッピング枠で商品を購入した場合、その商品の所有権はクレジットカード会社にあります。
そして全額返済が終わって初めて、所有権は購入した個人のモノになります。
なので、クレジットカード所有の商品を勝手に現金化されたら困るという訳です。

所有権もそうですし、お金に困って利用する人の多くは返済時に遅延したり、返済が滞る可能性が通常よりも高いので、クレジットカード会社によっては、迷惑な客となるため禁止事項にしているという事情もあるのでしょう。

そもそもバレるリスクって高いの?

クレジットカード現金化を利用した事が、クレジットカード会社にバレたらカードが利用停止になってしまいます。
ですが、そもそもバレるリスクって高いの?と思う人もいるかもしれません。
バレるかバレないかは、方法によってリスクが異なると言えます。

もしあなたが自分で金券や新幹線のチケットを購入し、チケット買取してくれるお店で換金する場合、バレるリスクは高いと言えます。
それはあなたがショッピング枠で購入している商品が明らかに、換金目的で購入している商品ばかりだからです。
1~2回程度であれば、バレませんが頻度が高くなるほどバレるリスクも高まります。

そもそもクレジットカード会社は換金しやすい商品をリスト化し、リストの商品を購入した人に対しては目をつけている状態です。
対して専門業者を利用する場合は、業者がクレジットカード決済の代行業者を利用するなど、バレないように対策を練っています。なお、業者を利用する場合、その業者が信頼出来る業者で有るかを見極める必要があります。

カード社会の世の中でクレジットカードが利用出来なくなると、日常生活はとても不便です。
なのでくれぐれも利用停止になる事がないように、注意してください。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 違法じゃないの?クレジットカード現金化の秘密 All Rights Reserved.